無料ブログはココログ

うさぎの天気予報


  • ペットうさぎ専門サイト「うさぎといっしょ」ペットうさぎ専門サイト「うさぎといっしょ」ペットうさぎ専門サイト「うさぎといっしょ」

安愚楽被害・大阪

  • 弁護団の活動状況・その他(準備中)

ブックマーク

ジオターゲティング

  • 地域別アクセス

    ジオターゲティング

« 安愚楽牧場 「管理命令にあたってのQ&A」について | トップページ | 安愚楽牧場が破産へ 民事再生手続き廃止決定! »

2011年11月 7日 (月)

安愚楽牧場、09年には実質債務超過 開示文書!(日経新聞)

 日経新聞WEB版の記事(2011.11.06)によると

 「2009年2月、投資家への会計処理の仕方や情報開示が不適切だとして、当時、和牛預託取引(オーナー制度)の監督官庁だった農林水産省から改善指導を受け、事後点検のための定期報告も求められていたことが、消費者庁がこのほど開示に応じた行政文書で明らかになった。」

 「開示文書では、安愚楽牧場が契約満期時に買い戻しに応じる条件で投資家に販売した和牛オーナー契約の残高は09年3月期末ですでに2889億円にのぼっていたことも明らかになった。同社が投資家向けに公表した財務諸表によると、当時の資産は688億円、純資産はわずか27億円にとどまり、実質的には2千億円を超す債務超過状態になっていた。」と報じている。

 また「さらに同年3月中旬、農水省商品取引監理官組織の預託取引担当グループからの事務連絡文書で、投資家には開示していない和牛オーナーの契約残高も含めたオーナー制度の詳細な運用状況や、2月の「指摘事項」に加えて「公認会計士の関与」「中期計画の策定」などを含む財務健全化への改善状況を定期的に報告するよう指導を受けた。」「これを受けて同社は09年7月に農水省に三ケ尻社長らが口頭と文書で改善状況を報告。文書の中では、同年3月期末の和牛オーナー契約の状況について、オーナー数約4万8千人、契約数約19万件、契約残高約2889億円だと明らかにしている。」とのこと。

 今回の日経新聞記事は、とても重要な問題を含んでいる。安愚楽牧場が、2009年2月の指摘事項、同年3月の業務改善指導をうけながら、同社は公認会計士による監査をうけず、財務諸表等に全体の契約残高(売買代金と同額の買戻債務)を開示せず、自転車操業状態にあることを秘匿し、契約募集を続けていたことになる。

 他方で、農水省や消費者庁は、上記大幅な債務超過を把握しつつ、その情報を消費者に開示しないで、安愚楽牧場の業務継続を漫然と認めたのは、大問題である。行政の怠慢というほかない。翻って、2009年以前の立入検査では、何をしていたのか疑問が残るところである。

 また、そもそも、民事再生申立書では、契約残高は約4200億円とされており、2009年2月から2011年3月までの2年間に、1311億円もの契約残高が増加したことになる。契約残高が正しく報告されていないのか、決算書等に粉飾があるのか、いずれにせよ更なる実体解明が必要である。

« 安愚楽牧場 「管理命令にあたってのQ&A」について | トップページ | 安愚楽牧場が破産へ 民事再生手続き廃止決定! »

安愚楽ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1565123/42910478

この記事へのトラックバック一覧です: 安愚楽牧場、09年には実質債務超過 開示文書!(日経新聞):

« 安愚楽牧場 「管理命令にあたってのQ&A」について | トップページ | 安愚楽牧場が破産へ 民事再生手続き廃止決定! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

amazon.co.jp

  • amazon.co.jp

twitter "安愚楽"

weathernews

  • weathernews

ウェブページ